今のカラダに合わせたゴルフ Part2

ブログ

ストレスの塊。
コトバで伝えるには限界がある。
スイング理論があって
フィジカルがあって
メンタルがあって
道具があって
etc

スイングもできない
TPIスクリーンテストもできない
メンタルは自分で精一杯
クラブフィッティングもできない

主治医から、打てる範囲で痛み止めのお薬飲みながら練習してもらって大丈夫です。
でも痛みや握力低下、痺れがでたらやめてください。

もう見てられなかったんでしょう。
ストレスの塊を😅

クライアントの方々も
さすがにわざわざ来て
満足度が落ちてしまっているレッスンを受けたいとは思わないし、見てても辛そうだと。

ところで
まずは、
スイングの基盤でもある
スイングクロックがてらに
アプローチから‼️
やはりシャンク・ダブり・トップの連続😅
まぁ仕方ないなぁ~
でも
少しずつリハビリだと思って‼️
しかし
今まで無かった痛みがある。
ムチウチだから⁉️

スイングコーチと打ち合わせはしていたのですが、
とりあえず
フルスイングができるようになれば、
2プレーンスイングなら大丈夫なのでは⁉️
と。

8月に入り
主治医から
握力は戻りつつあるとのことで
無理をしないという前提で
スイング練習を。
しかし
痛みや握力低下、痺れがでたらやめてください。
と。

まだまだ
痛みが出る。
そしてシビれる。
打てても
以前の練習量の1/3

でも打てるだけで嬉しい。

数日後
同じく所属先 ゴルフギャレーヂのPGAティーチングプロの紹介で
ある場所でスイング動作解析システム『GEARS』にて
なぜ、今まで無かった痛みが出るのかなどを解析してもらいました。

動作解析した結果、
1プレーンスイングでは、
今以上に痛みや痺れが出る可能性があると。

時間が経てば
必ずまたできるようになるから
今はやめた方が良いと。

ゴルフができるようになっただけでも喜べるのであれば、

今できる2プレーンスイングで時間を待ちましょうと。