姿勢の消失・フラット・ショルダー・プレーン

ブログ

姿勢の消失(Loss of Posture)

前傾角度を保て!

バックスイングの時、

起き上がる

ていう表現をされる方がいます。

または、前に倒れるなども…

TPIの調べでは、64.3%(3人に2人)の方だとのことです。

ゴルフスイングにおいて

リズムやタイミング・テンポの全てにおいて、姿勢の乱れが悪影響を及ぼします。カラダ全体がバランス良く動かない為、ボールを打つには腕や手で操作するしかできない。所謂

手打ち

となるんです。

カラダの原因

一言で言うと

カラダ全体が硬い

経験上ですが、昔、学生の頃、バリバリの体育系のクラブで鍛えていた男性の方が多いですね。

そのまま、今まで仕事一筋に頑張ってきました的な方です。

スクリーニング・テスト

  • オーバーヘッド・ディープ・スクワット
  • つま先さわりテスト
  • 上半身回旋テスト
  • 骨盤回旋テスト
  • 座位上半身回転テスト
  • 骨盤傾斜テスト
  • 脚伸展ブリッジテスト
  • 90/90テスト
  • 広背筋テスト

で評価します。

アドバイス

スイングタイプとしては、2プレーンスイングの方がスムーズに上達できると思います。

しかし、スクリーニング・テストの全体の2/3を占める程のテストを行うということは、ゴルフスイングをする為の筋肉の柔軟性等が損なわれています。

2プレーンスイングを理解しながら無理なく、どこから柔軟していけば良いかは、ミーティングをしながらになるでしょう。

フラット・ショルダー・プレーン(FLAT SHOULDER PLANE)

姿勢の消失の一種

1プレーンスイングをイメージした時に多いエラーです。

TPIの調べでは、45.23%(ほぼ2人に1人)の方だとのことです。

ゴルフスイングにおいて

1プレーンスイングでは、トップ・オブ・スイングで両肩のラインが、

ゴルフボールとボールから約120㎝先まで

の間に収まっていなくてはいけません。

カラダの原因

基本的には、肩と広背筋の可動域の問題です。

スクリーニング・テスト

  • 90/90テスト
  • 広背筋テスト

で評価します。

アドバイス

僕がアドバイスするのであれば、2プレーンスイングにした方は、もっと効率良く上達が望めると思います。

肩と広背筋のストレッチでコト足りると思います。

また、2プレーンスイングの基本を理解すると意外と簡単に克服できるでしょう。

@光ゴルフ練習場