常識だと思っているのは自分だけ!? PART11

ブログ

フィニッシュ

ゴルフスイングでは、フィニッシュがバランス良く安定したスイングのバロメーターだということをご存知でしょうか?

それと、フィニッシュを見ただけで、弾道がスライスなのかフックなのかまでも判ってしまうということも。

観ればわかります。

プロゴルファーのスイングを映像でご覧になってください。
(プロゴルファーに限りますけど…)

フィニッシュでの肩のライン。

右肩を上げていればフック
右肩を下げていればスライス

 

 

特に、イメージと違った弾道になった時に

返ってこい。もっと曲がれ。

と飛んでいるボールを見ながら右肩を上げたり下げたりしている映像を見るでしょう。

プロゴルファーは、右肩の上下でフックやスライスを打ち分けていると言っても過言ではないんです。

アマチュアは?

体験レッスンで、ほとんどの方は、右肩が下がっています。

右肩が下がらないようにするには、どうしたら良いでしょうか?スライスが悩みなんです。

このご質問は、的を得ています。

でも、インパクトの時に右肩が下がっているのではないんです。

フィニッシュの時に下がっているんです。

僕は、フックです。

ということは、右肩が上がるんです。

今や右肩を上げたフィニッシュは取れません。

腰が痛くて

フェードでもこのくらい。

ダウンスイングでは、骨盤は水平に回転(回旋)することは、ご存知だと思います。

今や常識の地面反力には欠かせない動きです。

ちなみに、地面反力って最近判ったことではないですから。昔(僕のジュニア時代から)でも飛んでました。それが、ただ、最近、特に地面反力と言われているだけで珍しくありません。現在でも、ジュニアのほとんどは飛んでます。自ら。

あと、フィニッシュでリード側の手首(右打ちなら左手首)も

背屈ならフック
握屈(ゼロポジション)ならスライス

です。

スライスを治したいなら

フィニッシュでは右肩が上がっていて、左手首を背屈させれば、必ず、フックになります。

間違いなく。

常識だと思っているのは自分だけ?