今のカラダに合わせたゴルフ Part1

ブログ

実は

去年の5月、休日にクルマで信号待ちをしていた時に追突事故に遭ってしまいました。

救急病院での診察と翌日の整形外科で、一般的なムチウチと診断され、
仕方ないなぁ〜
ちょっと辛抱するか‼️
と考えてたんですが、
数日後
アプローチであればと
デモスイングしようしたところ
左手グリップが握れない😅
そしてシビれてる…
そしてシャンクの連続⁉️
まぁ
まだムチウチだから仕方ないかぁ〜
しかし
後日
フルスイングしようとしたところ
トップまで上がらないし、
ダウンスイングでは、キャストしてしまう。
完全に右手の感覚しかありません。
その結果、シャンク・スライス…
セカンドオピニオンをうけることに。
クライアントでもある整形外科医のもと
様々な精密検査をしてもらった結果
神経損傷
最低でも半年以上
もしかすると後遺症も…
事故の怪我って後から出てくるってホントなんですね。
スイングでのリードアームである左手腕の感覚が無くなってしまっていて、
リハビリ生活となってしまいました。
ボクのレッスンでは、
デモスイングをして
実際に見てもらって、ご自分のスイングに何か参考になって頂けるように、
フルスイングでは、
1プレーンスイング
2プレーンスイング
を使い分けてました。
そのデモスイングができない。
絶望感しかありませんでした。
どれだけクライアントに迷惑をかけるのかとか…
そしていつになればゴルフができる状態になるのかとか…
その復活までのお話をさせていただきます。

Originally posted 2019-02-17 07:41:26.